アットベリーの最安値はこちら|楽天・amazonよりも安く手に入れましょう

黒ずみが気になったら見るサイト

コラム

アットベリーとイビサクリーム|何が違う?結局どっち?

更新日:

あつこ先生
今回は黒ずみに対しての人気対策商品であるアットベリーイビサクリームの違いと、結局どっちなの?ということについて見ていきましょう。

 

アットベリーとイビサクリームの違いとは

アットベリー

イビサクリーム

使う場所

まず使う場所による違いですが、

アットベリーは主に

・わきの黒ずみ

・二の腕のブツブツ

 

イビサクリームは

・デリケートゾーン(VIOライン)の黒ずみ

 

という違いがあります。

アットベリーは全身どこでも使うことができますので、顔やお尻、デリケートゾーンなど幅広く使用可能なのは嬉しいですよね。

 

一方、イビサクリームはデリケートゾーンに特化して作られた商品になります。

VIOラインの黒ずみをなんとかしたいという方にはおすすめですね。

 

メカニズムの違い

まずはそれぞれの有効成分をみてみましょう。

 

アットベリーの有効成分

プラセンタ(細胞を活性化して美白に導く成分)

グリチルリチン酸2K(肌を整えてダメージから守る成分)

 

イビサクリームの有効成分

トラネキサム酸(美白に導く成分)

グリチルリチン酸2K(肌を整えてダメージから守る成分)

 

どちらも効果的な有効成分が入っています。

違いとしてはこの成分をいかに浸透させて効果を引き出すのか?というところです。

公式サイトを見ると、

アットベリーのほうは

・ナノ化(すごく小さくして浸透しやすくしたもの)

・高分子化(少し大きくして肌表面に置いておくもの)

・バリアするもの

と3つの方式で浸透させたものを守るようなメカニズムになっています。

 

値段の違い

では次にそれぞれの値段の違いをみてみます。

単品の値段

アットベリー 6800円(税抜)+650円(送料)=8046円

イビサクリーム 7000円(税別)+360円(送料)+150円(手数料)=8070円

ほとんど金額は変わりませんね。

定期購入の値段

コンビニ後払いよりクレジットカード払いのほうが安くなりますが、今回はコンビニ払いで計算してみますね。効果が感じられそうな3回分の価格を出してみます。(税も送料も込みで計算)

アットベリー

1回目3218円+2回目5875円+3回目5654円=14747円

イビサクリーム

4970円+4970円+4482円=14422円

 

イビサクリームのほうが500円くらい安いです。

 

でも、実は容量が違うんです。

アットベリーは60g、イビサクリームは35gなので倍くらい違います。

ここはしっかりチェックしておいて下さいね。

 

特典の違い

次に特典の違いですが、大きなところをみていきましょう。

返金保証の日数

アットベリーは180日、イビサクリームは28日となっています。

おまけ

アットベリーは定期コースの奇数月にピーリング石鹸が付いてきます。

これを使って古い角質を落として、より効果を高めようというわけですね。

イビサクリームには特におまけはないようです。

 

結局、黒ずみ対策にはどっちがいいの?

アットベリーとイビサクリーム、結局どっちがいいのでしょうか?

この答えは使う場所ということになりますかね?

あとは容量の差。

 

デリケートゾーンをケアしたい場合はイビサクリームという選択もありだと思います。

イビサクリームはデリケートゾーン以外にもわきや、ひじなど全身にも使えます。

 

ただ、アットベリーも全身に使えるんですよね。

しかも容量は60gで、イビサクリームの35gよりも多い。

そして値段はほとんど変わらない

 

効果の差というのはかなり個人差があるのでなんとも言えませんが、私が調べた限りだとどちらも効果が高いという口コミが目立ちました。

両方とも返金保証もついていますので、まずは容量の多いアットベリーから試してみてもいいのではないかと思います。

アットベリー公式サイト>>

イビサクリーム公式サイト>>

-コラム

Copyright© 黒ずみが気になったら見るサイト , 2018 All Rights Reserved.